基層構造E-C-622 ~九州大学の考古学・人類学な日々~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
九州考古学会総会 :: 2016/11/28(Mon)

11月26日(土)と27日(日)に西新プラザにて九州考古学会総会が行われました。

2日間で約100名が参加され、会は大盛況でした。
同年代の学生さんから大先輩まで、幅広い年齢層の方々による遺跡の発掘調査についての報告や最新の研究成果が発表され、熱い議論が交わされました。また、ポスター発表も行われ、みなさん熱心に内容を聞かれておりました。

会場の様子
                      会場内の様子

小池新会長ご挨拶
                      小池新会長ご挨拶

ポスター発表
                     ポスター発表の様子

九州大学からは、足立達朗先生が「地球科学的高精度分析に基づく唐津市・堂の前遺跡出土玄武岩製石斧の原産地推定」というタイトルでポスター発表されました。

足立さんポスター
                   足立先生ポスター発表の様子

また、1日目の会後には懇親会が行われ、またまた熱い議論が交わされたことと思います。
懇親会の様子1
                       懇親会の様子
懇親会の様子2
                       懇親会の様子

今回の九州考古学会もたくさんの方々にご参加いただき、議論も盛り上がり、実りある学会でした。
私と同学年の学生による研究発表も行われ、大変刺激になり九州の考古学を盛り上げていきたいと思った次第です。

最後になりましたが、学会の開催にあたり、尽力された事務局、運営委員、役員、発表者、通訳、学会関係者や会の運営を手伝ってくださった学生の皆様に厚く御礼申し上げます。
来年夏の鹿児島大会や秋の総会でまた皆様にお会いできることを楽しみにしております。
寒くなってきましたので、どうぞ体調など崩されませんようお過ごしください。

さこかじ


おまけ
受付
                          受付

福永さん
                      福永さんピース
スポンサーサイト
  1. もろもろ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<壱岐島 遺跡踏査・岩石調査 | top | 九州・嶺南考古学会合同大会>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kisoukouzou502.blog.fc2.com/tb.php/245-9f059a35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。