FC2ブログ

基層構造E-C-622 ~九州大学の考古学・人類学な日々~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
九州史学会 :: 2016/01/27(Wed)

2015年12月12日・13日に九州大学箱崎キャンパスで九州史学会がおこなわれました。

史学会全景

一日目はスンポジウム、二日目に研究発表が行われました。
二日目の研究発表においては、基層構造から岩橋さん、米元さん、谷澤さん、中井さんが発表されました。

米元さん
米本さん発表タイトル「筋付着部の発達度からみる縄文時代の生業様式の地域的多様性」

谷澤さん
谷澤さん発表タイトル「玉類の副葬形態からみた古墳時代の開始」

中井さん
中井さん発表タイトル「古墳時代前期における小型鏡の生産と流通―重圏文鏡・珠文鏡を対象として―」

岩橋さん
岩橋さん発表タイトル「6世紀における横穴墓の出現・展開とその意義」

九州考古学会の記事でも書きましたが、先輩かっこよかったです。
先輩方のような発表ができれば良いなといつも刺激を受けています。

発表された先輩方お疲れ様でした。また、学会のお手伝いをしてくださった先生方・学生の方々、ありがとうございました!

さこかじ
スポンサーサイト
  1. もろもろ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<修士論文提出 | top | 九州考古学会総会>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kisoukouzou502.blog.fc2.com/tb.php/237-84823674
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。