基層構造E-C-622 ~九州大学の考古学・人類学な日々~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
山の神古墳研究会 :: 2014/07/20(Sun)

7月19日,20日,箱崎キャンパスにて,辻田先生が研究代表者として進めている,共同研究「山の神古墳と「雄略朝」期をめぐる諸問題」の成果報告会が行われました。

九大からの発表者をちょっとだけご紹介します。(会の詳細はこちらのリンクをご参照ください。)

岩橋さん
岩橋由季「遠賀川流域における横穴墓の出現と展開」

たにざわ
谷澤亜里「古墳時代中期後半から後期前半における玉類の変革とその意義:山の神古墳・王塚古墳出土玉類の検討から」

中井さん
中井歩「山の神古墳出土鉄鏃の検討」 今回国内発表デビューです!

的野さん
的野文香「山の神古墳出土胡ロクの系譜」 同じく発表デビュー!

辻田先生
そして研究代表者の辻田先生!
「古墳時代中・後期における同型鏡群の授受とその意義」・「山の神古墳出土鉄製武器類の構成」


**
遠方からお越しの方々も沢山いらっしゃり,会は大盛況でした!
kajou.png

宴会も大いに盛り上がり,とても充実した二日間でした。
enkai.png
なんだかとっても楽しそう!

辻田先生,お疲れ様でした…!
皆様,報告書作成もがんばっていきましょう~!


**アリ**
スポンサーサイト
  1. 学会・研究会
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<修士論文中間発表 | top | 田尻先生祝賀会>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kisoukouzou502.blog.fc2.com/tb.php/212-c8fc989e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。