FC2ブログ

基層構造E-C-622 ~九州大学の考古学・人類学な日々~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
2013年度集中ゼミ&合同ゼミ :: 2013/04/23(Tue)

4月15日(月)~4月19日(金)に伊都キャンパス基層構造講座にて集中ゼミが行われました。

これは新たに大学院に入学した修士1年生を中心に、考古学の方法・理論の各テーマについて皆で議論を行うという年度初めに開講されるゼミです。

本年度も課題1の資料論にはじまり層位論・分類・時間論・空間論・進化論・マルクス主義・システム論・構造主義・研究と論理、と十の課題について上級生の司会のもと議論が行われました。

5日間でこれだけの課題に関する文献を読み、理解し、議論を行い、レポートを提出するというなかなかに濃厚な一週間となりましたが、新入生はこれを越えて研究をさらに発展させていけると思います。

また、上級生においても毎年新しい発見・学びがあり、これからの研究に向けて気が引き締まる期間となりました!

課題8の模様。
ゼミの様子

課題10にて。修士1年生其の壱
課題10にて卒論の論理構造についてプレゼンする修士1年生①

課題10にて。修士1年生其の弐
課題10にて卒論の論理構造についてプレゼンする修士1年生②


また、週末の考研をはさんで4月22日(月)~4月23日(火)には、共同研究を行っている比文の地球変動講座との合同ゼミが行われました。

1日目には地球変動講座に設置されている分析機器を実際に見学させていただき、2日目にはそれぞれの分野の先生・研究員・学生各1名から自身の研究に関する発表が行われました。

これまでも先生方を中心に考古学・地球科学の融合研究が行われてきており、それを身近にみてあるいは実際に携わって研究を進めていけるということが本研究室の特色でもあります。

こちらも、それぞれの今後の研究を展開していく中で生かすことのできる知見が得られたのではないでしょうか。

というわけで、4月中旬からは慌ただしくも充実した日々でした。
気合いが入ったところで、また1年間がんばって参りましょう!

今年は勝利!
打ち上げはドームにて!



由。
スポンサーサイト
  1. 授業
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<群馬県金井東裏遺跡出土人骨の調査(2013年4月) | top | 平成25年度入学式>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kisoukouzou502.blog.fc2.com/tb.php/182-cd9dd60c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。