FC2ブログ

基層構造E-C-622 ~九州大学の考古学・人類学な日々~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
京都府八幡市横穴墓群現地説明会 :: 2013/02/06(Wed)

博士3年の岩橋です。
後期の授業もほぼ一段落し、2~3月は皆が資料調査などに出掛ける時期です。
これから大学院生の学外での活動に関する更新も多くなると思いますので、要チェックです。

さて、私はこの週末、八幡市の「女谷・荒坂横穴群」の現地説明会に参加するため京都に行って参りました。
4日前、現説が行われるとの情報を埋文調査室の田尻さんに教えていただき(気付かないとは迂闊…)慌ただしく出発。

現説の様子
現説にはかなり多くの方が集まっていました(!)

今回の調査では21基の横穴が確認され、うち20基が調査されました。
これまでわからなかった天井の形が確認できたこと、奈良時代まで墓として利用されていたことを示す土器が出土したことなどの成果が現説の資料では挙げられています。

個人的には、本横穴群は京都の中でも横穴群が密集する地域に位置しており、その構造や時期、系譜の問題に切り込むための資料が増えたことでやる気を刺激されております。
ちなみに横穴墓も調査中が遺構を見ることができる最後の機会になることが少なくありません。
現説と聞けばすっ飛んで行けるフットワークの軽さを維持したいものです!

スポンサーサイト
  1. それぞれ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<第22回GIS研究会のおしらせ | top | 第13回古代瓦研究会シンポジウム>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kisoukouzou502.blog.fc2.com/tb.php/163-f2b4b40d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。