基層構造E-C-622 ~九州大学の考古学・人類学な日々~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
イギリス通信 :: 2012/09/06(Thu)

イギリスはHerefordshireよりこんにちは。T澤です。

現在,Manchester大学のJulian Thomas先生とHerefordshire Archaeology主体で行われている調査に,Co-directorの溝口先生と一緒に参加させて頂いています。
調査地周辺には,航空写真で確認された,いくつかの新石器時代のenclosure候補があります。
発掘調査は,個々のenclosureの時期や性格を明らかにし,相互の関係を解明することが目的です。

我々はWindy Ridge遺跡のenclosureの調査に配属されています。
遺跡からの眺め。
W.R.
ちょっと霞んでいますが,奥にウェールズとイングランドを隔てるBlack Mountainsがみえます。
手前に積み上げられているのは排土とturf。
turfは,芝を表土ごと四角く切り取ったもの。埋戻しのときに敷きなおします。


こちらはDorstone遺跡。白いのは,羊たちです!
Windy Ridge遺跡への道中も羊がおり,今日は角がフェンスにからまった羊を助けてあげました。。
Dorstone


早いもので,我々の参加期間はのこすところ2日です。がんばります!
スポンサーサイト
  1. 調査
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1
<<イギリス通信:その2 | top | 吉村さん!ありがとうございました!!!>>


comment

調査が順調なようでなにより。羊も無事なようでなにより。
あと2日!!!
成果を楽しみにしています!!!
  1. 2012/09/06(Thu) 11:11:24 |
  2. URL |
  3. と #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kisoukouzou502.blog.fc2.com/tb.php/151-15627561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。